FC2ブログ

まーの書架さん

本を探しているひとのためにレビューを載せています。主に中高生向きです。朝読書や通学の本探しはいかがですか?

まーの本屋さんカウンター

ブログ内検索

プロフィール

まー

Author:まー
この書架さんブログは、まーが書いています。
ライトノベルから歴史小説まで、好きな分野は幅広いと思います!
気の合う方(合わなくても大歓迎)、ぜひ覗いてみてください。

blogpet

まーの本屋さんの看板猫、ねーです。

最新のコメント

グリムス

ブログで苗を育成し植林するエコアクション!ブログパーツ型環境貢献サービス

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト -----------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CATEGORY : スポンサー広告  △Page Top

レビュー:三田誠「レンタルマギカ 竜と魔法使い」 2009-05-29-Fri

レンタルマギカ 竜と魔法使い

レンタルマギカ 竜と魔法使い (角川スニーカー文庫)レンタルマギカ 竜と魔法使い (角川スニーカー文庫)
(2005/11/30)
pako

商品詳細を見る


あらすじ

今日もいつきがギリギリの経営を続ける<アストラル>。少しずつ「依頼」をこなしたり、協会から「仕事」をもらったり、なんとか魔法使い業らしくはなってきた。

しかし、協会からいつきに禁忌を犯した疑いがかかった。原因は、まだ完全に正体のわからない いつきの「妖精眼(グラムサイト)」。
そこで、一時的に<アストラル>の担当が影崎から「フィン・クルーダ」へと変更された。彼は穂波のフィールドワークのときの先輩だったという。フィンは取り替え児で、いつきと同じ妖精眼をもっている!

そんな中、フィンがあいさつに<アストラル>を訪れた日から、布留部市には異変が。フィンとの関係は、そして、いつきと穂波の過去に隠されたモノとは・・・?



レビュー
★★★

レンタルマギカの第四巻。
前巻の短編集(魔法使い、集う!)では<アストラル>の日常が描かれていましたが、今巻のような長編では<アストラル>やそのメンバーにかかわる、複雑な事件(かな?)が主です。

今巻は、いつきと穂波の過去が少しだけあばかれるお話。

これまでの巻でもほんのり匂わせていた二人の過去。
いつきの妖精眼が今の状態になったのも、穂波が関わるらしいのですが、いつきは思い出せなくて・・・。

なんだか最初はじれったかったんですが、ラストにいつきの人柄がよく引き出されてて、やっぱりいい本だと思いました。



おまけコメント

最初の序章が難しく感じても、逃げないでください。
ラストなんかとっても幸せですから・・・!



参考になりましたら ぽちりと お願いします。
↓fc2ブログランキング↓

スポンサーサイト

CATEGORY : ファンタジー(魔法使い) Trackback 0 Comment 0 △Page Top

« レビュー:三田誠「レンタルマギカ 魔法使いの宿命!」 | ホーム | レビュー:三田誠「レンタルマギカ 魔法使い、集う!」 »


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。