FC2ブログ

まーの書架さん

本を探しているひとのためにレビューを載せています。主に中高生向きです。朝読書や通学の本探しはいかがですか?

まーの本屋さんカウンター

ブログ内検索

プロフィール

まー

Author:まー
この書架さんブログは、まーが書いています。
ライトノベルから歴史小説まで、好きな分野は幅広いと思います!
気の合う方(合わなくても大歓迎)、ぜひ覗いてみてください。

blogpet

まーの本屋さんの看板猫、ねーです。

最新のコメント

グリムス

ブログで苗を育成し植林するエコアクション!ブログパーツ型環境貢献サービス

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト -----------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CATEGORY : スポンサー広告  △Page Top

レビュー:司馬遼太郎「戦雲の夢」 2009-04-23-Thu

戦雲の夢

秀吉の死で 揺れる人々の思惑。そのなか、人生で 最初で最後に‘男’を賭けた 一大名「長曽我部右衛門太郎盛親」。その人生が、司馬遼太郎によって甦る。


戦雲の夢 (講談社文庫)戦雲の夢 (講談社文庫)
(1984/11)
司馬 遼太郎

商品詳細を見る


あらすじ

長曽我部右衛門太郎盛親は、土佐大名の父・元親に寵愛され、世子になる。
しかし、盛親は夜出歩くなど、まったく世子らしからん態度をしていた。
そんな中、元親が病死、混乱の冷めぬうちに豊臣秀吉の死が伝わる。
盛親は新・土佐守として戦いに挑んでゆくが・・・・



レビュー
★★☆
この話は、題材の人物が個性的なのが印象に残ります。

主人公・盛親は「野心のない武士」。駆け引きをしてでも権力や名声を手に入れようとせず、ただ純粋な闘志だけのある、この時代には珍しい大名です。
盛親に‘堕落’を勧める僧侶、林豪。女を勧めるような一風変わった僧です。
盛親が出会い、のちに主従関係から友垣となる忍者、雲兵衛。
盛親を成長させる、さまざまな女たち。・・・・・

ぜひ読んで楽しんでみてください。

プラスポイント・・・
登場人物の人柄が面白かったです。
また、その人々が織りなす複雑な人間関係、盛親の成長もみどころです。

マイナスポイント・・・
少し‘夜’の描写があったこと、長いので疲れてしまうこと、です。
(4/23)



おまけコメント

神田の古書街で みつけました。
はじめて聞いた本でしたが、司馬遼太郎さんの本に 面白いのがあったので、これも面白いかな?と思って買ってみました。

私的には太閤記の方が好きですが、なかなか楽しめる作品です。

主人公が‘男’を模索していくのは見どころかな、と思いますよ。




参考になりましたら ぽちりと お願いします。
↓fc2ブログランキング↓

スポンサーサイト

CATEGORY : 歴史小説 Trackback 0 Comment 0 △Page Top

« レビュー:夏目漱石「こころ」 | ホーム |


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

TB*URL

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。