まーの書架さん

本を探しているひとのためにレビューを載せています。主に中高生向きです。朝読書や通学の本探しはいかがですか?

まーの本屋さんカウンター

ブログ内検索

プロフィール

まー

Author:まー
この書架さんブログは、まーが書いています。
ライトノベルから歴史小説まで、好きな分野は幅広いと思います!
気の合う方(合わなくても大歓迎)、ぜひ覗いてみてください。

blogpet

まーの本屋さんの看板猫、ねーです。

最新のコメント

グリムス

ブログで苗を育成し植林するエコアクション!ブログパーツ型環境貢献サービス

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード

スポンサーサイト -----------

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

CATEGORY : スポンサー広告  △Page Top

レビュー:三田誠「レンタルマギカ 魔法使い、修業中!」 2009-07-04-Sat

レンタルマギカ 魔法使い、修業中!

レンタルマギカ 魔法使い、修行中! (角川スニーカー文庫)レンタルマギカ 魔法使い、修行中! (角川スニーカー文庫)
(2006/06/30)
三田 誠

商品詳細を見る


あらすじ

ある事件(魔法使いと竜、参照!)によって、自分の無力さを思い知ったいつき。いつきの妖精眼は使われるごとにいつきを蝕んでゆく。妖精眼に頼らないために強くなりたい、と、密教僧・隻蓮に修行を頼んだ――(魔法使いと赤い槍)

クリスマスが近づく。かなり恋には鈍感ないつきは、まわりの少女たちの思いにも気づいていない。のだが・・・なんと、いつきが社長業務で知り合った女性たちに、「女の子はどんなプレゼントを喜ぶものか」と訊ねているらしいのだ!少女三人がいつきの追跡を開始する・・・(魔法使いとクリスマス)

<ゲーティア>首領・アディリシアも、事件(魔法使いと竜、しつこいけど!)によって初めての‘敗北’を感じていた。強くなるため、四柱のうち一体の魔神の喚起に挑戦する。しかし、儀式中に妨害が。犯人を追うアディリシアを、いつきが見つけてしまった。お人よしのいつきは助けようとして、複雑な事件に巻き込まれてゆく。(魔法使いとソロモンの血)

アディリシアの家令で、アディリシアが信頼を置く数少ない一人のダフネ。実は、アディリシアとダフネには、アディリシアの亡き父・オズワルドとダフネしか知らない秘密があった。<ゲーティア>内の絡まりあった人間関係が、実は事件(前話)にかかわっていたのだ。(魔法使いとソロモンの絆)



レビュー
★★★☆

<アストラル>と<ゲーティア>の冬の物語。
私はこれが大好きなので☆半分を追加させていただきました!

強くなろうと、修行を申し込むいつきの真摯さは胸を打ちますし、それに応え、先生となる隻蓮もカッコイイ。
さらに、修業のまとめが隻蓮さんらしく粋で・・・思い出して笑いが・・・!

あと、個人的に2話目が好きです。
魔法使いの、魔法使いらしくない、ただ少年少女のような、そんなクリスマス。
・・・というわけにもいかなくて。
仕事ではないにしろ、「呪波汚染」に巻き込まれちゃ、普通じゃないですよね。それも、理由がいつきのお人よしのせいで。
主人公含む少年少女たちの個性(?)がひきたっていました。

3・4話は、構成にハッとさせられました。
3話目はアディリシアに惹かれていたら事件が急展開、4話目は複雑な人間関係に惑わされていたらある一人によってすべてがつながって。ラノベなのに読み応え(?)ありです!



おまけコメント

読まなくても楽しめるのですが、魔法使いと竜を読むと、ふたりの頑張る‘理由’がわかって面白いと思います。



参考になりましたら ぽちりと お願いします。
↓fc2ブログランキング↓

スポンサーサイト

CATEGORY : ファンタジー(魔法使い) Trackback 0 Comment 2 △Page Top

« まーのお気に入り | ホーム | レビュー:三田誠「レンタルマギカ 魔法使いの宿命!」 »


コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます  | | 2009-07-04-Sat 18:36 [EDIT]

このコメントは管理人のみ閲覧できます

Re: タイトルなし まー(店主) | URL | 2009-07-05-Sun 12:46 [EDIT]

> こんにちはv-222
> 花鈴です*艸・。
> レンタルマギカおもしろそうですねv-237
> 私のおススメはPCから見たので実際持ってないけど・・・ケータイ小説の「携帯彼氏」です✝。・*
> ちょっと怖いけど結構ハマりますよ+∀`♥*゜_`

いらっしゃいませ、花鈴様!

レンタルマギカはなかなかおすすめです。
でも、もっといい本もいっぱいあるので、これからもご愛用くださいね。

携帯小説はまだ手を出してない分野ですね。読んでみたいなぁ。
「携帯彼氏」、読みましたらまたレビューを書きますね。


トラックバック

TB*URL

| ホーム |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。